スウェプトヒルト・レイピア(アンティーク・イタリア) 

グリップ(握り)、大きなボンメル(柄頭)、ナックルガード(護拳)、クロスガード(鍔)とスウェプトヒルト(籠鍔)には、金属細工で模様が彫られています。刀身は頑丈な鉄製です。剣の全長101センチ、刀身85センチ、重さ1.18キロ。【詳細説明】

続きを読む

x260101top - コピー.JPG DSCF1994 (2).JPG 260410top.JPG DSCF2856 (2).JPG