サウジアラビアの王族の黄金短剣(レプリカ)

サウジアラビアの王族の黄金の短剣のレプリカです。鞘にサワード王家の紋章が入っています。鞘、柄とも黄金で造られた短剣ですが、レプリカですので、金ではありません。金属の材質は分かりません。外装には模様が刻まれ細工が施されています。柄にはガード(護拳)が付いています。柄の一部にサビがあります。古いものですが、比較的きれいです。刀身は頑丈な金属製ですが、磁石はくっつきません。切れませんが、先端は鋭利で危…

続きを読む

アンコール遺跡群・記念短剣

世界文化遺産に登録されている、カンボジア王国のアンコール遺跡群を記念して作られた短剣です。かなり古いものです。アンコール遺跡群は、クメール王朝(9~15世紀)時代の遺跡群で、アンコール・ワット、アンコール・トムなど40以上の遺跡があります。この記念短剣の柄は鹿の角です。鞘は硬い唐木製で、鉄板帯が巻かれ、銀象嵌仕様の模様が描かれています(埋め込みではありません)。刀身は鉄製で厚く頑丈です。切れませ…

続きを読む

ロマノフ王朝の短剣(レプリカ)

ロシア帝国を統治したロマノフ王朝の短剣のレプリカです。気品のある外装です。日本ではあまり出回らない珍しい短剣です。ケース箱付。柄は金線が巻かれ、頭頂にロマノフ家の紋章が刻印されています。鍔には赤いルビー(イミテーションのカラーストーン)が埋め込まれています。鞘は紋章と草花でデザインされていて、気品のある装飾です。刀身は磁石がくっつきます。刀身はきれいで、ロシア語と草花が刻印されています。 短剣の…

続きを読む

中国・青銅の青龍刀(実物)

地元の骨董市で業者から購入したものです。中国の青銅の青龍刀の実物とのことです。時代は不明です。鞘(ケース)はありません。刀身は青銅ですがステンレスのように頑丈で硬いです。実戦用に造られたものだということです。刀身は一部青錆びが出ていますが、刃は鋭利です。中国では、青銅刀は多数出土していますが、青銅製の青龍刀は少なく、日本でもあまり出回っていないとのことです。全長52.5センチ、刀身39.5センチ…

続きを読む

AK47銃剣 (実物)

アメリカのM16、ドイツのG3と並んで、戦後の三大歩兵銃の一つ、ソ連のAK47(カラシニコフ突撃銃)の銃剣です。少し古いものと思われますが時代は不明です。ソ連、東ドイツ、ベトナム(べトコン)などで使用されました。鞘も金属で、黒のペイントが塗ってありますが、比較的きれいです。鉄製の刀身も、がたつきもなくしっかりしています。刃は切れませんが鋭利ですのでご注意ください。柄は時代のくすみが多少ありますが…

続きを読む

x260101top - コピー.JPG DSCF1994 (2).JPG 260410top.JPG DSCF2856 (2).JPG